会社概要

社屋


会 社 沿 革
昭和50年 武田農園創業。甘夏1haと河内晩柑を1ha定植。
昭和55年 高知県に2haを開墾し、河内晩柑を定植。栽培面積を4haに拡げる。
平成5年 現社長、就農。愛南町に2haを開墾し河内晩柑定植。
栽培面積を6haに拡げる。
平成8年 法人化、有限会社タケダを設立。
平成12年 農協(JA)脱退。全国へ向けて個人宅配と学校給食を始める。
平成15年 法人として認定農業者となり、有限会社武田農園に社名を変更。
平成18年 売上高1億円、栽培面積20ヘクタールを達成。150坪の新社屋完成。
商号を株式会社みかん職人武田屋に変更。
平成23年 糖酸計測光センサー選別機の導入。
平成24年 1月 氷菓加工場の完成。2月 ISO9001取得。
4月 420坪の新社屋完成。120坪の冷蔵庫を完備。
平成28年

令和元年

令和2年

令和3年
売上高2億円、 栽培面積28ヘクタールを達成。

株式会社国産レモンを設立

株式会社国産レモン東京事務所を設置

売上高3億円、栽培面積40ヘクタールを達成
代表取締役 社長 武田 敦年
会社所在地 〒798-4110 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城1番地5
電話・FAX 電話/0895-72-6730 FAX/0895-72-2932
Eメール a_takeda@takedanouen.com
取り組み 全品種・全量、自社生産・自社販売を行う。地域雇用。
資本金・年商 資本金7,500万円 売上高2020年8月期2億4,000万円 2021年8月期3億円
主な販売先 全国個人宅配、全国学校給食